スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

ゲッターロボ號 

2015050519172600b.jpg
あらすじ


西暦200X年、ダイヤモンドの二百倍の硬度を持つ特殊な鉱石・G鉱石が発見され、その研究開発の為に北極に建造された多国籍開発基地「ポーラー・ステーション」を乗っ取った狂気の科学者「プロフェッサー・ランドウ」は、G鉱石で装甲した巨大ロボット怪獣「メタルビースト」の軍団を率いて世界征服に乗り出した。

日本の防衛庁はそれに対抗するため、北海道のサロマ湖畔にあるNISAR(ネイサー、日本国際航空宇宙技術公団)の所有する、G鉱石にて装甲された宇宙開発用ロボット「ゲッターロボ」に協力を要請。当初はゲッターロボを戦闘用とすることに難色を示していたNISARの橘博士だったが、戦いの中で息子の信一が命を落としたのをきっかけに、ゲッターの戦闘用強化に本腰を入れることになる。

当初は非変形で武装も無く、徒手空拳で戦っていたゲッターロボであるが、激しさを増す戦いの中で徐々に武装が施され、第11話で3機の飛行メカが合体、3種の形態に変形するスーパーロボットへと生まれ変わる。


感想
ゲッターロボシリーズでなかなか触れる機会がなかったTVアニメ版ゲッターロボ號。ちょくちょく観ていたんですが、ついに全話完走できました。
ずっと見たかった作品の一つだったんで嬉しいです。

結論を言うとゲッターロボの皮を被ったマジンガーでした。
もともとマジンガーの企画で諸事情によってゲッターロボに変わったのは知ってましたがここまでとはw
音楽が渡辺宙明氏だったり、主人公の一文字號の髪型がマジンガーZの兜甲児に似ていたり、敵が悪の科学者でその部下が男爵と伯爵で途中で子爵が追加されるなどがマジンガーだなぁって特に感じました。
また元がマジンガーなのもありますが、時代がリアルロボット作風が流行ってる時期なのもあって、序盤がリアルロボット作風だったりします。そこがまたゲッターロボシリーズの中でも異質感を出してる気がします。

序盤は合体分離変形がない宇宙開発用ゲッターロボ、所謂プロトゲッターで戦うんですよね。戦ってくうちにナックルボンバーを実装させたりその状況によって武器を作って対応するんですが、僕的には結構好きです。ただ、それが10話まで続いて、ゲッターロボ號として完成するのが11話からだったりします。OPも水木一郎氏の歌ではなかったのもあって、つかみが悪かった気がします。
しかし、11話以降は合体分離変形や本格的に戦闘するようになってスーパーロボットな作風となっていき「ゲッターロボ號」という作品が完成したと思います。

ゲッターチームの3人も個性的で、流竜馬たち旧ゲッターチームにも負けていないと思いますね。中盤、號のライバルとして登場したナルキスを始め、アニメ版のみ登場のキャラクターも、漫画版共通で登場するキャラクターもなかなかいいキャラしていました。
ただ、ロボットガールズZのゲッター號ちゃんのモデルである吉井レミなどメインキャラなのに登場回数が少ないキャラもいたので、そこが残念なところですかね。

まあなにはなくとも、僕はとても大好きな作品となりました。漫画版とは違った面白さがあったので、個人的に視聴をオススメしたいです。ロボットガールズZにも参戦しているので、これを機にもう少し視聴する人が増えたらいいなと思います。そしていつかスパロボに参戦できたら僕はとても満足ですね
スポンサーサイト

Posted on 2015/05/05 Tue. 20:34 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 漫画版ウルトラマンネクサス  |  第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。